インプラントで歯を美しく強くしよう~美健歯を作る最新治療~

女性

治療の注意点

外科手術の必要がある

歯

まず一つ目にあげられる注意点として、「手術の必要性」があげられます。ブリッジや入れ歯などは、基本的に歯肉を傷つけることなく治療できる方法でもあるので、手術を行う必要はありません。それにより、気分的にも気軽に受けられる治療法とはなっていますが、インプラント治療に関しては、手術の必要性があるので気軽には受けられない治療法でもあるのです。それほど大掛かりな手術ではないので、特に心配はいりませんが、手術の必要が全くいらないブリッジ治療や入れ歯治療に比べると、やはり気分的な負担にはなるのではないかと思います。また、手術には種類があり、一回で済むインプラント治療もあれば、二回手術が必要となるインプラント治療もあります。

治療期間の長さ

また、インプラントは「治療期間が長い」といった注意点もあげられます。ブリッジ治療や入れ歯治療などであれば、比較的短期間で治療を済ませることができます。それにより、気分的な負担も少なく、元の日常生活にも早く戻ることができます。しかしインプラント治療では、比較的長めな治療期間が必要となるのです。インプラント治療では、治療のタイプにもよりますが、短くても2ヶ月の治療期間が必要となり、また長ければ、約1年の治療期間が必要となります。近年では、その間「仮歯」を取り付けておくケースもありますが、治療が完了するまで、ある程度の期間を見越しておく必要があるのです。しかし治療に長い期間をかけるからこそ、仕上がりも自然で美しく、満足のいく人工歯を手に入れることができるのです。直ぐに治療を完了させて、人工歯と分かりやすいような歯を手に入れるか、また、治療に長い時間をかけて、天然の歯と見分けが付かないほどの歯を手に入れるか、それを選ぶのは、あなた次第です。